ホーム > 会社概要 > 会社沿革

会社沿革

1923年 (大正12年) 藤本列治 大阪に於て創業
1932年 (昭和7年) 亀頭鉄工所(三陽鉄工の前身)にて電線管を製造し、大阪パイプ製造名で販売開始
1936年 (昭和11年) 合資会社に改組、社員25名
1938年 (昭和13年) 日本特殊鋼管指定問屋になる
株式会社に改組
1939年 (昭和14年) 中部鋼管を関連会社として設立
1943年 (昭和18年) 清水営業所を開設
1947年 (昭和22年) 東京出張所を開設
1949年 (昭和24年) 宇部出張所を開設
1953年 (昭和28年) 積水化学工業の特約店となる
1957年 (昭和32年) 光連絡事務所を開設
1958年 (昭和33年) 新潟営業所を開設
1961年 (昭和36年) 名古屋営業所を開設
1963年 (昭和38年) 広島営業所を開設
1966年 (昭和41年) 丸紅と提携し関連会社となる
1967年 (昭和42年) シーアイ化成(現クボタシーアイ)の指定商社となる
八幡製鐵の鋼管一次指定商社となる
1968年 (昭和43年) 三原連絡事務所を開設
1969年 (昭和44年) 市原営業所、四日市出張所、泉北出張所を開設
1970年 (昭和45年) 新日本製鐵の鋼管一次指定商社となる
創業者 藤本列治 逝去
1973年 (昭和48年) 九州有明営業所を開設
1974年 (昭和49年) 資本金を1億円に増資
1976年 (昭和51年) 北九州営業所を開設
交通機材事業を開始する
1979年 (昭和54年) 本社を東京に移管する。旧本社は大阪支店となる
1999年 (平成11年) 中部鋼管の操業を停止
愛知県飛島に名古屋支店新社屋を建設
三原営業所を福山へ移転し、福山支店とする
2000年 (平成12年) 新日本製鐵の鋼管一次指定商社に加え、チタン一次指定商社となる
2001年 (平成13年) 伊藤忠丸紅鉄鋼の事業会社となる
2005年 (平成17年) 鹿島営業所を開設
2006年 (平成18年) 京浜営業所を開設
2012年 (平成24年) 新日本製鐵の鋼管・チタン一次指定商社から新日鐵住金の鋼管・チタン一次指定商社へ
2013年 (平成25年) 本社をPMO日本橋室町へ移転
2019年 (令和1年) 本社を日本橋Fビジネスキューブへ移転